Pick & POP

文学部大学生が好きな事、自分の殻を破ることを発信していくブログ。

【体験】現金派の大学生が、コンビニでクレジットカードを使ってみた!

朝起きていつも通りネットサーフィンをしていたら、こんな記事に出会いました。

 

 

僕のことじゃないですか!!笑

 

いや~正直目から鱗でしたよ。

コンビニでクレジットカードが使えるとは知らなかった。。。

 

 

僕の中にある、勝手なコンビニでカードを使うことに対しての毛嫌い度合いをまずはチェック!

✅ suicaは、「交通費として使う用」というのが頭の中で固まっているので、なんか使いたくない。

✅ コンビニごとのポイントカードは、「ポイントはためるもの」という考えの元使っているので、なんか使いたくない。

 

だからなんか使いたくない。現金の方が楽。

 

もう現金主義の権化、ともいえるでしょう。。。

 

ただ!コンビニに並んでいる人でカード払いしている人なんて見たことがない!

カードの世界のことなんて知る由もないではないか!これは実際に試してみるしかない。('ω')

 

 

ということで今回は実際に、僕がクレジットカードを使った時の様子をお伝えします!

 

ということで、さっそくコンビニでクレジットカードを使おうとしたのですが。。。

 

コンビニに行く機会がない

 

どうしよう、特にほしいものが無いのでコンビニに行く機会がない。

 

とにかくその時が来るまでコンビニのことは忘れることに。

 

おなかがすいたので昼食に学校の近くの家系ラーメンを食べる。

 

ライスもおかわりした。スープも飲み干した。おいしかった。

 

ん?胃がもたれてきた?苦しいぞ。

 

な、なにか飲み物が欲しい。今すぐに欲しい。

 

お?今ならコンビニ使えるんじゃね???

 

待ってればそのときは来るのです。

 

初めてのクレジットカード支払い

 

水を手に取り、レジに並びました。正直この時クレジットカードで払うことにビビッてました。(なぜだw)

 

そしてその時は来ました。わかりやすいように会話を再現します。

 

店員さん「いらっしゃいませー」

「おねがいします」(水を出す)

店員さん「ポイントカードはありますか?」

「はい」(ポイントカードをだす)

店員さん「ありがとうございます」(ポイントカードを返す)

 

ここまではよく見かける光景ですね。もうありきたりすぎます。

たぶん「コンビニですること選手権」を開いたら、

「現金でお金を払う」

「飲み物を買いたいけど何が飲みたいか決まらず無駄に扉を開けたり締めたりする」が一位を競うぐらいよくあることです。

 

自分でちょっと何言ってるか分からない。

 

さてここからが本番!

 

日和って現金を出すのか。挑戦するのか。

 

「これでお願いします」(クレジットカードをだす

店員さん「はい」(さっとリーダーに通してレシートとともに返却)

店員さん「ありがとうございました」

「あっ、はい」(ちょっときょどる)

 

、、、

 

えー!!簡単!!あっさり終わった!!笑

なんか大ごとになるのかと思ってたのにあっさりしたから、最後逆にきょどりました。

 

使ってみた感想

 

一言で表すなら「楽」。これにつきます!

カードを出して、カードとレシートをもらっておしまい。はや~い!

 

気付いたこととしては

  • クレジットカードおなじみの「暗証番号」と「サイン」をしないでいい

調べたところ、ある一定金額を超えるとサインが必要になるケースもあるようなのですが、日常で使うのなら全く関係ないです!

 

  • 店員さんが楽そう(そんな気がした

混んでいる時間帯だったので店員さん側も簡単作業ですみ楽そうに見えました。

真実は知らない

 

ただあまり使いすぎると、クレジットカードの使用額が思わない形で増えてしまうかもしれませんね。この地味な支払い額、コンビニだったのか。みたいな。

 

しかしそれはクレジットカードを使うときはいつでもそうだと思うのであまりマイナス面としてはならないかな?

 

 

ということでとても小さな体験でしたが大きな発見をすることができました。

 

まだまだコンビニで現金を使っている人は多いようですのでぜひ一回はクレジットカードで支払いをしてみてください!世界変わります!

 

↓僕は三井住友VISAカードのデビュープラスというのを使いました。学生が持つのにはハードルの低いカードらしいので(雑w)、まだカード持ってないよーって人は見てみるといいかも!